二次被害を最小限に抑える~雨漏り調査の依頼のコツ~

雨漏りの二次被害を防ぐポイント

雨漏りの二次被害を減らすためには、押さえなければならないポイントがいくつかあります。トラブルが起こる前に、しっかりと把握しておきましょう。

雨漏りしている箇所を特定する
雨漏りによる二次被害は様々です。原因箇所が電気設備に近いところであれば漏電が起こるでしょう。押し入れに近い場所であればカビや腐朽の症状が現れます。中には、防水シートや防水施工を施した箇所の劣化が原因になっていることもあるためできるだけ詳しく調べましょう。
信頼できる雨漏り修理業者に依頼する
住宅工事を手掛けている補修・施工業者の質は様々です。中には、悪質業者もいます。利益のために不必要なオプションを追加したり、雨漏り調査をきちんと行なわなかったりするところもあります。万全を尽くしてくれたとしても、雨漏りが再発することもあるでしょう。そのため、アフターフォローにも力を入れている業者を選ぶ必要があります。
早めに雨漏り修理を行なう
二次被害を防ぐためには、できるだけ早めに原因箇所の特定と雨漏り修理の実施が大事です。たとえ早めに症状に気付いたとしても、手を打たなければ状態は悪化します。建物全体に二次被害が及ばないように、雨漏り調査と修理を早めに行ないましょう。

雨漏りの発生に気付いたら、信頼できる業者を探しましょう。人気の業者は迅速かつ丁寧に雨漏り調査や修理を行なってくれるためとても頼りになります。いくつかの業者が候補として挙がっている場合は、無料で雨漏り調査を行なっている業者に依頼して、見積もりを出してもらうと良いでしょう。分からない点を確認しながら比較すると、効率良く業者やプランを選べます。

TOPボタン