雨漏り調査を依頼するタイミングについて

雨漏り調査を依頼した人たち

実際に雨漏り調査を業者に依頼した人たちの感想を紹介します。二次被害を防ぐために、早めに雨漏り調査や修理を検討している人は、参考にすると良いでしょう。

調査に費用は掛かりませんでした(40代/女性)

部屋の湿度が前年に比べてとても高いように感じたため、無料で雨漏り調査を行なっている業者に相談しました。雨漏り調査だけでなく、見積もりも無料で出してもらえるということでした。希望日時に作業担当者が来てくれて雨漏り調査をしてくれたのですが、対応も良かったです。雨漏り調査で、屋根の亀裂が見つかりました。見積もりの内訳もきちんと説明してくれたので、そのまま雨漏り修理を依頼しました。部屋の湿度も改善し、大変満足です。

雨漏りの二次被害も解決してくれました(30代/男性)

壁紙や壁に黒っぽいシミが見られ、少しカビ臭いと感じました。もしかすると雨漏りが起こっているのではと思い、業者に相談することに。二次被害の危険性を教えてもらい、早速雨漏り調査をお願いしました。実際の調査で分かったのが、壁内部の雨漏りとシロアリ被害の発生でした。雨漏り修理と併せて、シロアリ駆除と対策もしてもらったので良かったです。

初めての雨漏り調査~調査を依頼するタイミング~

雨漏り調査が必要となるタイミング

台風が直撃した直後
例年にも増して強風が発生したときは、屋根に破損が起こっているかも知れません。瓦が落ちて屋根が傷付きやすくなっていることもあるので、気になるときは建物のメンテナンスと併せて雨漏り調査を行なうと良いでしょう。早めに対処することで、再び悪天候に見舞われたときに二次被害を防げます。
屋根のメンテンス時
屋根は、建物の中でも年間を通して常に紫外線と熱、雨風や雪にさらされている部分です。そのため劣化が早く、衝撃にも弱くなっています。使用している屋根材によって耐久性が異なるので、不動産会社や防水施工を行なった業者・工務店などに聞くと良いでしょう。

定期点検はベストなタイミング

自主点検の目安は1年に1度、業者に依頼する場合は5年毎に行なうのがベストです。しかし、これは建物に異常を感じられない場合です。積雪や台風が多く発生する地域や、自然災害よる被害を受けたとき、雨漏りが疑われるときはもう少し早めに実施しましょう。

TOPボタン